キャッシングは条件さえ満たせば誰でも簡単に申込ができ、申込をしたその日にお金が借りられるという即日融資が可能で、大手消費者金融の即日融資は定評があります。

モビットも即日融資に対応した消費者金融として人気がありますが、仮に何らかの理由で返済が遅れたり滞納してしまうことがありますがモビットに限らずどこで借りるにしても契約を交わした以上は、返済日を守らなければなりません。

通常は毎月返済額で金利と元金を返済するわけですが、仮に返済が遅れたときは、「遅延損害金」が発生します。
遅延損害金は返済を滞納したことによって、迷惑をかけたことについての損害金を支払うというもので、利息制限法には利息と同様に遅延損害金にも制限を設けられています。
モビットの遅延損害金は年率20%と設定されており、融資に対する利用金利を加えて支払うことになります。

たとえばモビットで10万円を年率18.0%で借り入れたとすると、1日分の金利は約50円となるのでその分を利用日数に応じて支払うというのが基本です。
しかし、10万円の返済が20日遅れたとき、遅延損害金の計算はまず一日あたりの率を計算しますが、モビットは20%÷365=0.05%が一日あたりの利率となるので、10日滞納したとすると、10万円×0.05%×20日=1,000円となり、この金額が上乗せされます。

遅延損害金は滞納した日が長くなればそれだけ金額が多くなるので、少しでも早く返済するよう心がけましょう。